診療概要


 

 仲原病院透析センターは仲原病院の新たな施設として平成27年より診療を開始しました。 糟屋地区、福岡地区の地域の患者さんの透析治療に貢献できるように、また、仲原病院の患者さんのより広範な病態に対応できるように、九州大学病態機能内科学腎臓研究室の協力のもとに診療を行っています。

 当院での透析治療の目標は、地域の透析患者さんが可能な限り元気で長生きができ、いきいきとした生活を送って頂けるように透析で支援を行うことです。

そのために、最新のガイドラインや臨床研究の結果をもとに十分な透析を行うとともに、透析に関連した合併症の管理や全身状態の管理に重点を置き、治療を行っています。

巨大な規模の透析センターではありませんが、ひとりひとりの患者さんの顔が見えるように、そして、それぞれの患者さんに寄り添いながら必要な治療が行えるようにスタッフ一同力を合わせて診療にあたっています。