社会保険 仲原病院

文字サイズ
小
大

診療科/部署のご案内

医療チーム

感染制御チーム

当院では、院内における感染予防につきまして、相応の知識・経験を有する医師・看護師・薬剤師・検査技師等で構成される専門のチームを設置し、下記業務を行っております。

  • 定期的な院内巡視(更なる予防の徹底)

  • 掲示物による感染症(インフルエンザ等)の予防啓発

  • 福岡市民病院や九州大学病院との連携業務

感染予防について何かご不安な点やご相談がございましたら、まずは、医事課受付窓口にお申し出下さい。

栄養サポートチーム

褥創対策委員会

入院患者様には様々な病気で長期間寝たきりの状態や、一時的に状態が悪くなりベッド上での安静を余儀なくされる方がおられます。

褥瘡(じょくそう)とは、いわゆる「床ずれ」と呼ばれるもので、長期間寝たきりの状態で栄養状態の悪い場合などにできることが多いとされています。

当委員会では、褥瘡形成した患者様への治療や体を動かすことができない患者様への予防策(体位の調整の方法や枕の当て方、栄養状態など)に関するサポート等を行っています。

医師(整形外科)

1名

看護師

6名

管理栄養士

1名

薬剤師

1名

理学療法士

1名

事務部

1名

今後も各診療科、部門が専門性を活かしたチーム医療を行うことで、褥瘡の予防、早期治療を行い、患者様の社会復帰に向けて努力を重ねていきたいと考えています。

緩和ケアチーム

当院では、平成19年7月以来、緩和ケアチームを組織し、現在も活動を行っています。

病院の特色として、がん患者さんが比較的多く、入院あるいは外来患者さんの身体的・精神的サポートを行う専門的チームの必要性が高いため設立されました。

緩和ケアとは、がん等の病気を抱える患者さんの痛みやきつさ、だるさなど「からだの苦痛」と、気持ちのつらさ、生活面などのきつさなど、「こころの苦痛」を和らげ、患者さんやご家族にとって可能な限り良好な生活の質(Quality of Life)を維持・向上させるための医療です。
日本ではまだ誤解されることもありますが、「緩和ケア」=「終末期医療」ではありません。

病気の状態や症状に関係なく、がんと診断された時からがんに対する治療と並行していつでも受けることができます。つらい症状を抱えたままがん治療に向かうより、つらさを緩和してがん治療に取り組むことが「自分らしく生きること」がより実現されます。
また、治療が難しくなった時でも、何も治療ができないということではなく、つらい症状を和らげていく緩和治療を受けることができます。

緩和ケア実践のため、緩和ケア担当医師・看護師・薬剤師・ソーシャルワーカー・理学療法士など多職種で構成された医療チームが主治医とともに支援いたします。このチームを「緩和ケアチーム」と称しています。

緩和ケアチームによる支援をご希望される方は、まず主治医または担当看護師にご相談下さい。

  • 健康診断のススメ!
  • 乳がん検診のススメ!
  • 人間ドックで健康チェック
  • 糖尿病教室[開催中!]
  • 広報誌「仲原だより」[配布中!]

インフォメーション

電話:092-621-2802

受付時間
                          
月~金 8:30 12:00
13:30 16:30
土曜日 8:30 12:00
診療科毎の受付時間は、こちらでご確認下さい
診療時間
月~金 9:00 12:30
13:30 17:00
土曜日 9:00 12:30
(急患は随時受け付けます)

尚、土曜午後・日曜は休診となります。

面会時間
月~金 13:00 20:00
土日祝 11:00 20:00

入院されている患者さんの安静や治療の妨げにならないよう、ご協力ください。

急患

急患の方は、必ず事前にお電話ください。

電話:092-621-2802

以下の点をお電話でお知らせください。

  • お名前
  • 性別
  • 生年月日
  • 現在の症状
  • 以前に当院にかかったことがあるかどうか
  • 診察券の番号(お持ちの方のみ)

※救急外来での診療はその性格上、重症患者さんが優先となりますので必ずしも来院された順番で診療ができるとは限りません。

▲このページのトップへ

社会保険 仲原病院 〒811-2233 福岡県糟屋郡志免町別府北二丁目12番1号
外来受診/受診・入院のご案内/お問い合わせ(代表) TEL 092-621-2802 FAX 092-623-2247

Copyright © Social Insurance Nakabaru Hospital. All rights reserved.